NPO法人プラス・アーツ

防災は、楽しい。プラス・アーツ

課題

駅、商業施設、オフィス、毎日膨大な数の人々が訪れ、滞在する大阪の心臓部・梅田駅周辺。
南海トラフ巨大地震など今後起こる大災害に対して梅田駅をいかにパニックから守るのか。

解決策

梅田駅を中心とした防災啓発の終わらないキャンペーンを立ち上げ、駅に関する様々なメディア
を使って、梅田にいる人(働く人)、来る人(来街者)に防災に関する意識啓発を行う。

まちをつよくする
いちばんの方法は、
人が力を合わせることです。
梅田防災スクラム

防災の取り組みは、それぞれががんばるだけじゃなく、

教え合い、学び合い、競い合い、お互いを高め合うことがとても大切です。

人と人、企業と企業、エリアとエリアが、

スクラムを組むように、がっちりと手を組んで

もしもの時に備えること。いざという時も、

誰かに助けてもらうという発想ではなく、そこにいる誰もが

積極的に力を合わせ、助け合うまちであること。

梅田防災スクラムは、それを実現するための合言葉。

みんなが心をひとつにするための、ちょっと大きな掛け声です。

まいにち梅田にいる人も、ときどき梅田に来る人も、

防災にかんしては、全員が関係者ですから。

ここで、じぶんにできること、できないことを考えてみたり。

周りの人とも、そのことを話してみたり。

そんなあなたのちょっとした心掛けから、梅田防災スクラムは

始まります。そしてそれこそが、「みんながみんなを

守るまち 梅田」への何より大きな一歩になります。

ポスターやデジタルサイネージでの告知活動

今後起こりうる大災害時に、大阪のメガステーション「梅田駅」を守るため、防災啓発を目的として終わらないキャンペーン「梅田防災スクラム」を立ち上げました。キャンペーンのブランディングに関しては、ロゴマークを寄藤文平さん、キャッチコピーやステイトメントを岡本欣也さんが制作を担当。2018年3月11日に合わせて、キャンペーンのスタートを知らせる告知活動を駅周辺のデジタルサイネージやポスター枠を使って行いました。

「知ることも防災です」というキャッチコピーを受けて、現在梅田周辺の防災に関する情報(被害想定、避難の基本的な考え方など)をまとめ、ホームページ等で集約提供する準備を進めています。

 

梅田防災スクラム版「地震ITSUMO講座」

梅田駅周辺で働く人たちを対象に、「今後起こりうる災害における梅田の被害想定」や「オフィスや家庭に備えておくべき防災グッズ」、「災害時に安否確認の方法」など、災害時に役立つ様々な知識をわかりやすく伝える防災講座を実施しています。

まずは、梅田にいる人(働く人)が防災力を身につけ、来る人(来街者)を守れるよう、この防災講座を梅田にある企業やビル管理事業者と連携しながら広げていきたいと考えています。