NPO法人プラス・アーツ

防災は、楽しい。プラス・アーツ

課題

阪神淡路大震災や東日本大震災など、いつ起こるかわからない大災害に対して、生活用品のメーカーであり、ショップも多数展開する無印良品がどのような貢献ができるのか、商品を通じた無印良品の果たすべき防災啓発キャンペーンとは。

解決策

7,000アイテム以上ある無印良品の豊富な商品ライナップのなかから、災害時に役立つ商品をセレクトし、災害時に役立つ情報を添えて顧客に発信するキャンペーンを継続的に実施する。防災グッズの紹介だけでなく、防災の技や知識をイラストにし、マニュアルや大判ハンカチなどに載せて発信する。

くらしの備え。いつものもしも。

無印良品とともに2008年から継続して「日常の暮らしからの防災」を伝えるキャンペーンに取り組んでいます。無印良品は、生活用品を通して災害時の知識や技を発信しています。備えは日ごろの暮らしの中にあることが大切であり、日常の延長線上に防災があるべき、という思いから企画がスタートしました。キャンペーンのなかで特に力を入れているのが、美味しいレトルト食品を前面に出した新しい非常食の備蓄法「ローリングストック法」の普及活動です。また、マニュアルやリーフレットなど紙媒体を通じての防災啓発にも継続的に取り組んでいます。

基本的な考え方

災害の備えで重要なのは、「物」「知識」「スキル」。

2011年「いつものもしも」プロジェクトが始動した時、この基本的な考え方を掲げました。防災とは、言い換えれば、災害に備える事です。備えるべき「事」は、「物」「知識」「スキル」の大きく3つに分ける事ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。⇒無印良品 くらしの良品研究所

「くらしの備え いつものもしも」

〈店頭での啓発〉
無印良品にて開催される「くらしの備え いつものもしも」プロモーションに企画・協力しました。店頭の特設コーナーのポスターやPOPなどのデザインは寄藤文平氏が担当。
◆開催期間 : 2011年8月19日(金)から9月15日(木)まで
◆展示店舗一覧
難波/藤沢/イオンモールKYOTO/広島パルコ/池袋西武/ららぽーと新三郷/丸井吉祥寺店/アクタ西宮/MUJI銀座松坂屋/ラゾーナ川崎/二子玉川/札幌ステラプレイス/新宿/MUJI新宿/MUJI東京ミッドタウン/ルミネ新宿

「地震ITSUMO展」の開催

〈ギャラリーでの展示〉

毎日のくらし(「イツモ」)を支える生活用品。「モシモ(災害)」が起こったら…という観点から改めて見直すと、生活用品たちの新しい可能性が見えてきます。
私たちのくらしのなかで、いざという時に味方になり、助けてくれる「モノ(生活用品)」を膨大な数の商品からセレクトし、災害時の使い方とともに紹介しました。
◆開催期間 : 2011年9月1日(木)~10月5日(水)
◆場所 : 無印良品 有楽町2F ATELIER MUJI
◆主催 : 無印良品
◆協力 : NPO法人プラス・アーツ、文平銀座

「ITSUMO MOSHIMO 2012」

〈店頭での啓発〉
2012年は、大切な人に「備え」を「贈る」というテーマで、商品を紹介しました。
無印良品は、ふだん使いできるモノを防災用品として提案してきましたが、自分への備えができたら、次は大切な人に「備え」を贈ろうというキャンペーンを企画し、「GIFT」という言葉を掲げて実施しました。
それは、大切な人のもしもを気遣い、無事を願う心を添えて、セレクトされた防災グッズを贈る、ギフト型の防災キャンペーンです。
◆開催期間 : 2012年8月10日(金)~9月中旬
◆主催 : 無印良品
◆協力 : NPO法人プラス・アーツ、文平銀座

「ITSUMO MOSHIMO 2013」わたしの備え。いつものもしも。

〈店頭での啓発〉
「日常からの防災」の最新の提案として、「食のローリングストックを導入した一週間備蓄の方法」と「身につける防災グッズの再点検」の二つのテーマで、セレクトされた災害時に役立つ商品を紹介しました。

◆開催期間 : 2013年8月30日(金)~2013年9月12日(木)
◆デザイン : 文平銀座
◆企画協力 : NPO法人プラス・アーツ

大判ハンカチの制作

2013年のプロモーション時に制作されたオリジナルデザイン大判ハンカチ3種。

オリジナルスマホステッカーの制作

2013年のプロモーション時に制作。スマートフォンに貼る本プロモーションオリジナルのステッカー。いざという時に役立つ知識が描かれています。「災害時のスマホの活用法」と「災害用伝言板の使い方」の2種類があります。