NPO法人プラス・アーツ

防災は、楽しい。プラス・アーツ

プラス・アーツ認定防災教育マスター

プラス・アーツが推進している「楽しく学ぶ防災教育」を十二分に理解し、その手法を習得し、自身の地域での防災普及活動に生かしたり、プラス・アーツが展開する様々な防災イベントの指導者的立場で活躍してくれている、私たちが絶大なる信頼を寄せる防災教育の担い手の皆さんを、プラス・アーツ公認の「防災教育マスター」として認定しました。「楽しく学ぶ防災教育」の輪を広げていくために今後も協働していきたい同志たちです。

野崎 貴裕

Nozaki Takahiro

東京生まれ。インフラ会社勤務。2008年よりプラス・アーツイベントに多数ご支援いただき、みんなの兄貴分。

プラス・アーツの歴史を知る
頼れるみんなの江戸っ子兄貴。

プラス・アーツから現場へ支援が行けない時に依頼をし、現地へ行っていただいた繋がりで今では野崎さんにアポをとってから、プラス・アーツに連絡がくる現場が3件。2016年にはお住まいの区で社会福祉協議会と協力して、イザ!カエルキャラバン!を独自開催。資機材は、隣の区からレンタルをして大盛況。

安田 典充

Yasuda Norimitsu

京都府京丹後市生まれ。2015年、理事長永田が出演する「情熱大陸」を見たのをきっかけに、防災への熱い想いに火がつく。

BBQインストラクターの資格を持つ
防災×アウトドアの達人!

“子ども”が“おとな”に教える「ひっくりカエルキャバン!」を開発し、毎年「防災☆キッズ」を育成。その他レッドベアサバイバルキャンプをはじめ、バーベキュー、釣りなどアウトドア×防災をテーマに京丹後内外で活躍。”防災力で地域力アップ”をスローガンに活動している。

私たちについてのページに戻る